こころナビで簡単自己診断

社会不安障害とは心理障害です。
また、あがり症や対人恐怖症といわれます。
たとえ呼び方が変わっても本質は変わらない。今、病院に行って精神科で診断しなければならない。普通の場合は社交不安障害ともいわれます。

同時に3人以上の人と話す時声が震えてしまうこと、知らない人の前で話しましたら、汗が普通より多くなってしまうこと、何かあったら、顔が真っ赤になって、息苦しくて心臓がどきどきすることなどの症状が出てきます。
上記はまだ軽い症状です。重い病気の症状は喉が渇く、吐き気、話ができないなどがあります。
社会不安障害がまだ自分の生活を影響するだけです。それと同じ症状があっても、他人に、または、社会に悪い影響を与えるのは適応障害という病気があります。

適応障害というのは字面の通りに、社会環境において順調に対応できない人と指します。この病気を患った人は社会という環境の中に行為が普通の人間と違い、うまくできない、生存することまでもできません。
周りの人に迷惑をかけて、人に嫌われます。一応心理障害と思われますが、早く治さないと社会問題になってしまいます。症状としては不安、焦燥、混乱、無断欠勤、過剰飲酒、不良心理、喧嘩ばかり、ものを壊すなどがあります。

このような病気を治すことができないですが、改善することが可能となります。主な手段としては薬と心理治療との二つの方法があります。
一体どのような方法で用薬しますかを迷ってしまう人がたくさんいると思います。
用薬する前に病状の診断が一番重要だといわれます。今の社会では病状のチェック手段がいろいろあります。わざわざ病院へ行く必要がありません。自分の悩みや病状などをネットで検索してみれば、病状診断のサイトがたくさん出てくるので、随時症状チェックが行えます。
こころナビというサイトでいろいろな症状チェック方法がご案内できます。一番便利なサイトだと思います。ここで社会不安障害や適応障害などの心理障害が無料で詳しくチェックできます。こころナビで症状チェックすることだけではない、発症する仕組みや治療方法も詳しく検索できます。
しかもこころナビで自分が言いたいことは掲示板で投稿したら、専門家がお客様の悩みをアドバイスすることもできますので、とても便利です。